News

EL Gamingの不戦敗について

Sun 14th Jun 2015 - 2:34pm : WGL観戦記

CarenとWoT e-sportsのファンのみなさんへ。

 

今季からAPACのFinalはAsia2・Korea1・China1という形式の4チームによって行われます。ちなみにこの情報を私たちが知ったのはWGLKRのページからです。

未だにこの情報はAsiaにおいて公開されていません。だから(わざわざKRのページまでチェックしなかった)T-Eのメンバーはこのことを知りませんでした。選手は大会について何も知らされていません。

私たちは多くの情報を様々な場面でのリークに頼っています。このような状況が正しいとは思えません。今回も私たちが状況を知らなければ、このような問題にはならなかったのでしょう。

しかし不公正は正す必要があります。

 

発端は私たちがWGL Chinaの試合を観て研究しようと考えたところです。

彼らのリーグ戦の日程をチェックしているとAsiaの日程はダブルブッキングの状態にありました。そして彼らはAsiaを不戦敗にしました。

彼らはAPACのFinalに出る権利を二重に取得し、日程がダブルブッキングしたときにはAsiaを不戦敗にしたのです。

 

Region Lockが行われる以前、Virtus.proやSchoolbusは明らかにCISのチームでしたが、EUのリーグに出場していました。

しかし彼らは同時にRUのリーグへ参加していません。当然です。どちらもWGLなのだから同時に参加できないということはあたりまえのことです。

 

Wargamingはこのような行為を認めるのでしょうか?

私たちは彼らが必要な措置をとってこなかったことに大きく失望しています。

そもそも、Wargamingはこのような問題が発生する可能性があることを以前から理解していたはずです。

なぜならThe Grand FinalsにChina Regionの代表として出場したRG RazerがAsiaのSilverにいるのですから。分からなかったはずはありません。

 

Wargamingは適切な対処をとるべきです、

そのために私たちは必要な措置をとることを考えています。

plateaux

plateaux

Kimihiko Maeda

Your Comments

Please register or login to post comments